¥30,000 以上のご注文で送料無料

Portaille "one make" shoes collection - (SS21 spot).



One Make Products.

Portaille "one make" 21SS spot collection.
As the name suggests, only one handcrafted work,
We introduce a total of 5 types.

Deliver to all over the world.

BRAND | Portaille .

--

シーズンの移り変わり時期に現れる、Portaille "one make" collection.
今回もまた、量産では製作が困難とされる様な、
実験的なレザーの選別や、染色等を施した作品をピックアップ。

特に、これからいよいよリアルに真夏に向け、
スタイリングに思慮を巡らせるに相応しい、
コレクション内容となっています。

それでは、順にご紹介をして参ります。

--

Portaille デザイナー大渕氏の渾身の1作。
所謂、モンキーブーツと呼ばれる類のシューズ。
Vibram社のラバーソールを配することで、
今のスタイルに映える、スニーカーライクなルックスに。



[ Shoes ]
Portaille "one make" Lace Up Back Zip VB Shoes
Price / ¥74,800 - (in tax)
Size / EU41.5 (*JP 26.0cm)
Color / BLACK
Material / JP Vachetta Leather



金属パーツのアイレットを打ち込んだ7ホールは、
トゥの先端近くまで伸びた外羽根のパーツに整列して並び、
敢えてノーズを短く設定した、モンキーブーツのスタイル。
サイズ感としては、日本の26.0cm前後に相当します。



漆黒とも表現出来るブラックのボディに対して、
或る意味、分かり易い程にコントラストを利かせた、
清廉なホワイトのシューレースと、ステッチ。
モノトーンの配色が、よりシャープなフォルムに魅せます。



昨今では、様々なスタイルのボトムスに一番合せ易いので、
非常に使い勝手の良いミドル丈のシューズと云えます。



21SSでプレ・オーダーを行った、ハンドダイのレザースニーカーとも違う、
レザーブーツとレザースニーカーの中間を行く様なルックスに。

因みに、モンキーブーツの名称の由来は、トゥを正面から見た際に、
モンキー= 猿の顏に似ているからとか何とか。

レースアップのシューズで一番懸念されるのが
その着脱の簡易さ、容易さが有るかどうか。かと思います。
その点、こちらはバックジップのディティールも配しており、
任意のシューレースの締め具合をキープしたまま、
素早く、それこそ片手で脱ぎ履きが出来るタイプになっています。

国内有数の熟練タンナーに由る、バケッタ製法の牛ヌメ革を採用。
ショルダー部位のレザーですが、引締まった筋線維の上品な革質。
革の生成時に深層部にまで潤沢にオイルを浸透させていますので、
柔軟性に優れており、足への馴染みが非常に早いのも特徴です。



そして、ソールにVibram社のラバーソールを採用することで、
踏込み時と蹴上げ時の荷重を軽減させ、
よりアクティブでスニーカーライクな歩行を可能にしています。



--

続いて、アルバート、トレッキングと称されるレースアップ・ブーツ。
但し、本作は一般的にカジュアルに括られる其れ等は違い、
革種の選別やアッパーの曲線や隆起にモード感を与え、
アルチザン色を巧く融合して纏め上げた作品へと昇華しています。



[ Shoes ]
Portaille "one make" Lace Up Back Zip Boots
Price / ¥81,400 - (in tax)
Size / EU41 (*JP 25.5cm)
Color / TAUPE
Material / Soft Tanned Horse Leather



ポルトガルの馬革を専門に生成するCastoro&Filhos社の
フルベジタブルタンニン鞣しのオイルホースレザーを採用。
柔軟性と軽量感が突出した革質で、経年変化に由って、
特にトゥからノーズに掛けて、顕著に見られるであろう、
大きなうねりを持ったドレープ皺の生成は非常に期待が持てます。

TAUPE=灰褐色の名の通り、
ブラウンをベースにグレーやブラックの色味が混在する、
独特の斑感を持った表情は、リアルにハンドクラフト感を味わえます。

アンクル丈で内羽根式の5ホールのレースアップのスタイル。
樹脂コーティングされた細身の平紐を通し、
全体的にシャープなルックスに纏め上げています。
サイズ感としては、日本の25.5cm前後に相当します。

アッパーとソールの攣込みは堅牢なブラックラピッド製法を採用。
マッケイ製法の特徴である軽量で蹴返しの良さに加えて、
耐久性耐水性とソール交換の簡易性も備えた、より実用的な造り。



こちらも、バックジップにYKK社製のEXCELLAを配して、
更に簡易な脱ぎ履きを実現させています。



整然と積上げられたヒールは高過ぎず低過ぎずのジャストな高さに。
出し縫いのステッチはTAUPEのボディカラーに合わせてホワイトに。



そして、本作はデフォルトでフロントにハーフラバーと、
ヒールリフトにVibramソールが施工されたタイプになります。



--



続いて、Portaille x LOOMとして開発されたPL20の木型を用いて、
先程と同じ、TAUPEカラーのオイルホースレザーで製作された、
ダービーシューズをご紹介致します。

[ Shoes ]
Portaille "one make" PL20 Derby Shoes
Price / ¥55,000 - (in tax)
Size / EU42
Color / TAUPE
Material / Soft Tanned Horse Leather



クラシカルでトラディショナルなダービーシューズとは一線を画す、
LOOM視点での、カジュアルとモードの融合を果たした独自の木型。
あくまでも、デイリーユースを標榜してリアルさを追求しています。



大きく反上がったトゥは、一見、履入れや歩行時の抵抗を懸念しますが、
かなりシャープなボディラインの為に外装的にそう見えるだけで、
内部の造りは、しっかりと日本人の足に合わせて丁度良いフィット感を与え、
更に履込むことで、より一層に足に馴染んでくれます。



じっくりと時間を掛けて革の深層部までオイルを潤沢に浸透させた馬革。
不要な小皺が一切無く、肌理細やかで柔軟性に優れた革質が特徴で、
経年変化で、大きく脈打つなうねりの様なドレープ皺が期待出来ます。
また、その様に"革を成長させる"為に、攣込みの前後に手作業で皺付けを。




シューレースには極太の平紐を選別しています。
大きな皺を付けながら揉込む様に染色を施し、力強い色斑を表現。



バックシルエット。
インサイドとアウトサイドでカーブの形状や高低に差を付けて
流麗な”クビレ”を強く意識した、曲線美に溢れるシルエットに形成。



足の履入れ口、足首、土踏まずのラインは細く引締まり、
その反面、横幅をしっかりと設けて、ボディコントラストを。
メリハリ緩急差を大きく付けて、ダイナミックなフォルムに形成しています。



熟練のタンナーの手に由って生成されたオイルホースレザー。
履込み使込むことで、徐々に色艶と深みが増して行きます。
特にこのTAUPEのカラーは如実に革の表情の変化を愉しめる色味です。

こちらも、デフォルトでフロントにVibramハーフラバーと、
ヒールリフトにVibramラバーソールが施工されたタイプになります。



--



続いて、Portaille x LOOMとして開発されたPL19の木型を用いた、
Vibram #100のトラクターソールが特徴のダービーシューズ。



[ Shoes ]
Portaille "one make" VB Derby Shoes
Price / ¥66,000 - (in tax)
Size / EU41
Color / ARMY (Hand Dyed)
Material / JP Vachetta Leather



"カジュアル要素の新しい採入れ"を主旨とする造形タイプ。
PL20と比較すると、こちらのP19の木型はより男性的なフォルムで、
よりダイナミックに力強いイメージを表現した作品になります。




トゥの形状はより立体的なボリュームに形成され、
親指から小指に向かってなだらかな傾斜を描くフォルム。


バケッタ製法に由る国産の重厚な牛ヌメ革の革質に合せた、
綱紐の様な、ダイナミックな螺旋を描くシューレース。



日本人の足、特に甲高や甲幅のある方もスムーズな履入れが可能な様に、
細かくボリュームを調整して造形されています。



アッパーとソールの攣込みと組上げ後に、デザイナー自ら手染めを施し、
力強い陰影感を含む色斑の表情が、アルチザン色をより強く引出しています。



ダービーシューズのコンパクトな纏まりの良さプラス、
ブーツの様な力強い存在感は、やはりVibramのトラクターソールの所以。



そのVibramのソールはアッパーレザーに対して、
極力コバを出さずに、すっきりとシャープに纏められています。

ソールにまで手染めの染料が塗布されている様は、
ハンドクラフト、アルチザンの醍醐味の様な表現では無いでしょうか。



--



最後に、Portaille x LOOMとして開発されたPL5の木型、
Vibram社の"NEW FLEX"を用いて、超軽量化を図った、
レザースリッポンシューズ。


尚、こちらは表記サイズよりも1サイズ大きい造りになっております。
その為、大凡25.5~
27.0cm位迄の方に対応可能です。



[ Shoes ]
Portaille "one make" PL5 VB Slipon Shoes
Price / ¥57,200 - (in tax)
Size / EU41 (*JP~27cm)
Color / ARMY
Material / JP Vachetta Leather


ダービーとスリッポンの2WAYで通年の使用が可能なオールラウンドシューズ。
シンプル且つミニマルな流線形のフォルムは、
洗練されたモード感の強いデザイン性を持ちます。



市場流通が少なく、希少と云えるキップレザーを素材に採用。
カーフ(仔牛革)に近い滑らかさに加え、野性味のあるシボの表情。
弾力性と柔軟性に富み、耐久性も併せ持った、程良い肉感の革質。



同時にしなやかさも兼ね備えた、履き心地に特化した革素材。
履込むことで足、素肌との一体感が得られる様な感覚が実感出来ます。
 

製品へと組上げた後に、更にBLACK INKでオーバーダイ(重塗り)を施し、
更に重厚感溢れる、"黒"を表現したカラーリングになります。

フロントとサイドの結合部にはエラスティック・ラバー素材を挟み、
履入れ口に対して、スムーズな着脱を可能にするディティール構造に。



踵部分には芯材を入れず、繰返しの折曲げにも耐久する仕様に。



超軽量の”NEW FLEX"は、従来のソールの半分程の重量で、
実際に履いて頂くと、圧倒的な軽さに驚かれるかと思います。
スリッポン故に、足首への負担が掛かる所を、
ソールの軽量化を図って、軽減させる仕様となっています。





尚、今回ご紹介した5種のワンメイク作品の全てに、
取外し可能なオリジナルのクッション・インソール(低反発+高反発+EVA)が付属。
足のフィット感を微調整して頂けます。
※インソールの着脱でハーフサイズ程の調節が可能になっています。



▶STOCK LIST.
Portaille ( https://loom-osaka.com/collections/portaille-prtl ) 



[ Shoes ]
Portaille "one make" Lace Up Back Zip VB Shoes
Price / ¥74,800 - (in tax)
Size / EU41.5 (*JP 26.0cm)
Color / BLACK
Material / JP Vachetta Leather



[ Shoes ]
Portaille "one make" Lace Up Back Zip Boots
Price / ¥81,400 - (in tax)
Size / EU41 (*JP 25.5cm)
Color / TAUPE
Material / Soft Tanned Horse Leather



[ Shoes ]
Portaille "one make" PL20 Derby Shoes
Price / ¥55,000 - (in tax)
Size / EU42
Color / TAUPE
Material / Soft Tanned Horse Leather



[ Shoes ]
Portaille "one make" VB Derby Shoes
Price / ¥66,000 - (in tax)
Size / EU41
Color / ARMY (Hand Dyed)
Material / JP Vachetta Leather



[ Shoes ]
Portaille "one make" PL5 VB Slipon Shoes
Price / ¥57,200 - (in tax)
Size / EU41 (*JP~27cm)
Color / ARMY
Material / JP Vachetta Leather

 



 

是非、ご検討下さいませ。

本日は悪天候の平日にも関らず、
沢山の顧客さまにご来店とお買物を頂きました。

直接の会話はやはり愉しく、時間が過ぎるのもアッと言う間で、
気付けば、BLOGの書出しがかなり遅くの時間となってしまいました。

BLOGの公開が大変遅くなってしまいましたが、
最後まで記事をご覧頂き有難うございます。


それでは本日はこの辺りで失礼致します。

 

(SNS)
insutagram ; https://www.instagram.com/loomosaka/
Twitter ; https://twitter.com/LoomStaff
LINE ID ; loom-inquiry

LOOM OSAKA
OPEN : 12:00 / CLOSE : 21:00
大阪市西区北堀江1-14-21 大和ビル 1F
TEL : 06-6534-1630
E-MAIL : info@loom-osaka.com

LOOM KOBE ATELIER
兵庫県神戸市中央区野崎通2-5-19
グランドハイツコーワ王子公園 1F
※アポイント営業 / ご来店前にアポイントをお取りくださいませ。

LATEST

Japanese
Japanese